コストダウンに最適!注文住宅の予算を抑えるポイント3選

建物のデザインを見直す

注文住宅は凝ったデザインにできる建築方法ですが、そのデザインが予算の足を引っ張ってはいけません。基本的に、施工に手間のかかるデザインほど費用は高くなりがちで、よりシンプルなデザインにすることで多少コストダウンが期待できます。屋根の形であったり、窓の数であったり、少しシンプルにするだけで数十万円ものコストダウンが図れるのです。特にフェンスはそれなりに予算を圧迫するため、本当に必要なのかもう一度吟味してみましょう。

間取りの広さをもう一度見直す

マイホームは広ければ広いほどよい、という考えが予算を圧迫している可能性があります。本当は必要のない広さでも、狭い家よりはマシだからと保険をかけて間取りを広く設計している方は多いのではないでしょうか。何だかんだと言っても、結局一番コストが高く付きやすいのは面積の問題です。床面積を少し削るだけで大幅なコストカットに繋がるので、慎重を期して間取りの広さを検討してみましょう。

仕切りの有無でコストを変える

コストカットをしたいけど、部屋数や床面積を減らしたくないという方は、仕切りの有無で考えてみてはいかがでしょうか。階段を仕切りのないオープンな作りにすることでコストカットし、なおかつ開放的な室内の雰囲気を作り出すことができます。特に家族と密なコミュニケーションを取りたい方におすすめの方法なので、単なるコストカット以上のメリットも見いだせます。その他、仕切りが不要だと思われる部屋をオープンスペースにするなど、様々な工夫を凝らせるのが仕切りの有無なのです。

足立区の注文住宅を建てるには、業者の選定が必要です。インターネットやローカル情報誌などで業者の検索が出来ます。