失敗しないオフィス選び!賃貸オフィスのメリットとデメリット

賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスは、なんといっても初期費用が抑えられることが最大のメリットです。設立したばかりの企業の場合は、まったく何もないゼロからのスタートとなりますよね。事務用品やOA機器などの備品をそろえなければなりませんし、新しい人材を雇うための人件費や広告宣伝費などさまざまな費用がかかります。今後、企業がどのくらい拡大していくのかも定かではありません。そのような状態でオフィスを所有するのは、リスクが高すぎるともいえます。一方、賃貸オフィスならオフィスを安く構えることができ、また、事業の拡大や縮小に応じて移転することも可能です。月々の家賃と共益費を支払うだけで、メンテナンス費用がかからない点もメリットといえます。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスは、あくまでも場所を借りているだけなので、自社の資産として計上できない点はデメリットといえます。そして、契約している限りは、月々の賃料を支払い続けなければなりません。その賃料もずっと同じ金額のままであるという保証はなく、いつ値上がりしてもおかしくありません。そのため、長期的に考えると、自社所有オフィスのほうがトータルの支出は少なくなります。また、会社の信用度においても、オフィスを所有しているほうが格上げとなるのは必然です。起業当初は賃貸オフィスを借りて業務を行って、事業が軌道に乗って拡大する見通しが明確になってから、自社所有オフィスを購入するのがよいのではないでしょうか。

賃貸オフィス 中央区は、東京23区のほぼ中央に位置しています。電車やバス路線が充実しているのでアクセスが非常によく、人気となっています。